wall paper

ヨーロッパ在住のデザイナー 平野新による

" Journey of Reminiscence_追憶の旅 " と題された写真と詩の連作を

スマートフォン壁紙にして毎月お届けいたします。


※別ウィンドウで壁紙が表示されます。長押しでダウンロードし、壁紙としてお使いください。


2024.4

日差しを写した水面

素肌のような

緑のグラデーション

今が世界を駆け巡り

反対側から音が語りかけてくる

そして飛び込んだ


THE SUNLIGHT REFLECTED WATER SURFACE.

GRADIENT GREEN, LIKE BARE SKIN.

THE PRESENT TURNING AROUND.

A SOUND SOMEONE SPEAKS

FROM THE OTHER SIDE AND DIVES IN.


Normandy, France


2024.3

三月の窓枠

割り切れない景色の

間から芽吹く春

空席と

鏡合わせなはずの私たち

そっぽを向いたシグネット


THE WINDOW FRAME OF MARCH.

SPRING SPROUTING FROM THE SPACE BETWEEN

UNDIVIDED LANDSCAPES.


EMPTY SEAT.


WE ARE SUPPOSED TO BE MIRRORED.

BUT A SIGNET TURNED AWAY.


Berlin, Germany


2024.2

今日はすべてが半分だけ

霧がすべてを隠すから

君は僕を見つめている

僕らの目 僕らの声

僕らの歩み 微笑み

今日はすべてが半分だけ

だから君に半分あげる


TODAY EVERYTHING IS HALF.

BECAUSE THE FOG HIDES IT ALL.

YOU'RE STARING ME

OUR EYES, OUR VOICE,

OUR STEPS, SMILE.

TODAY EVERYTHING IS HALF.

WE'LL SHARE IT TOGETHER.


Paris, France


2024.1

夜明け前

パパとママは眠っていた

いつもと違う静かな世界

世界が始まる前の

ドアが少し開いていた

毛布がかけてあった

わたしはゆっくりとドアをあけた

朝と夜がまざって

空が燃えていた

夜明け前に走った


BEFORE DAWN.

MOM AND DAD WERE ASLEEP.

A DIFFERENT, QUIET WORLD

THE WORLD BEFORE THE WORLD BEGAN.

THE DOOR WAS SLIGHTLY OPEN.

WITH A BLANKET OVER IT.

I OPENED THE DOOR SLOWLY.

BLENDING MORNING AND NIGHT.

THE BOUNDARY BURNS.

RAN BEFORE DAWN


Normandy, France


2023.12

夕陽のように燃える日々はいつか暮れる

マッチはあなたの右ポケットに忘れた

帰る場所を求め旋回する鳩

メリーゴーランド 再び巡り会う時まで


THE DAYS OF MAKING LOVE LIKE SUNSETS DISAPPEAR.

IS THE MATCH STICK STILL IN YOUR RIGHT POCKET?

A DOVE CIRCLING, LOOKING FOR A PLACE TO RETURN.

MERRY-GO-ROUND TILL WE MEET AGAIN.


Paris, France


2023.11

秋雨が全ての痛みを流していく。

私たちにもう待ち合わせは必要ない。

互いの手を温め合う季節がもうすぐやってくる。

そして世界はいつもあなたを抱擁している。


AUTUMN RAINS SWEEP AWAY ALL SORROW.

WE NO LONGER NEED A RENDEZVOUS.

THE SEASON IS COMING WHEN WE WILL WARM EACH OTHER'S HANDS.

THE WORLD WILL ALWAYS EMBRACE YOU.


Paris, France